スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台所スポンジの変え時の会

台所スポンジをどれ位の期間使っていますか?この質問結構目にするんですけど回答がまちまちなんですよね。一度調べてみたのですが結局「絶対こうだ!」とはなりませんでしたが参考までに。

■スポンジは菌が過ごしやすい
コレは間違いない事実です。スポンジには菌が好む≪水分栄養温度≫が揃いやすいですね。使用後のスポンジにカスを残したまま水を切るわけでもなくそのままシンクに放置。コレはもう菌にとってパラダイスの様なものなので菌は恐るべき繁殖力を発揮します。

■除菌洗剤を使えば安心?
コレは間違いです。殺菌では無く除菌だから完全に菌は無くなりません。除菌洗剤を使用しているからと言ってズボラにしていると、効果はかなり無くなってしまいます。
除菌効果を謳うジョイの開発担当者さんが推奨するスポンジの除菌法
①スポンジの汚れや食べ物のカスを丁寧に落とす
②両手で絞るなどして水気をよく切る
③水気を切ったスポンジに洗剤をかけ揉みながら全体に広げる
次に使うときは洗剤を洗い流さなくて大丈夫な様です。

上記の処理後はなるべく乾燥を心がけて置き場所を考えた方が良いでしょう。

■菌対策アレコレ
コチラのサイトでは2カ月間使用したスポンジを除菌洗剤を付けて一晩置いてみた実験をしていますが、普通の洗剤と大差がなかったようです。その他の方法との比較もありますが、どれも満点は無く結構ショッキングな結果。結論も2か月も使わない様にすると書いていました。

他の実験結果をのせたサイトでは殺菌も出来ていました。
方法 細菌数
そのまま 110000個
水洗い 2900個
除菌洗剤で24時間 1700個
漂白剤に2分 600個
洗剤で洗ったのちに日光5時間 70個
酢に10分 0個
煮沸10分 0個

煮沸や酢は殺菌できるんですね!でもスポンジを煮たくないし酢も酸っぱさが残りそう。天日干しが一番マシかなっと思ってしまいました。他のサイトには洗剤で洗ったスポンジに水分を含ませてレンジで2分加熱するとイイだとかの方法も目にしました。でもスポンジが焦げてしまったり、スポンジが熱くなるので火傷に注意!だとか…でもレンジには入れたくないので私的にはあんまりパッとしません。

写真(1)_convert_20130620063748
■皆はどれ位で交換しているの?
大きく分けると、1週間程度で交換の短期派、スポンジがへたったら交換の状況派、半年は余裕派、に分かれている感じでした。半年間使用すると上の実験では菌が沢山でした。もしかしたらお腹をくだす程度の軽傷隠れ食中毒にはかかっているかもしれません。でも死にはしない方が多数ですよね。海外では台所スポンジで床も拭くだとか、洗剤も洗い流さないだとか、もっと粗悪な話も耳にします。菌ってなんなんだろ?っと分からなくなります。健康な人は無菌で過ごさなければいけない訳では無く、菌があっても生きていけるので結局は自分の裁量に関わってくるのでしょうか。

■これだけは注意した方が良い
最低限の危険は回避しましょう。食中毒の菌は料理からだけでなく生肉などを切った包丁やまな板、それを洗ったスポンジまで生き延びていることもあります。そしてそのスポンジを媒体に他の皿に移ったりして最終的にきつめの食中毒につながる事もあります。生物に使った物を洗ったスポンジは注意しましょう。軽度で済まない菌もある事は事実なので高温多湿な夏場などは食中毒感染要注意です。

■私の結論
軽傷でも食中毒にはなりたくないし菌も嫌。なので100均の多数入りスポンジを使い、使用後はしっかり洗って水気を切って洗剤をもみ込み短期間でスポンジは変える。

無菌が絶対良いとは思いませんし、神経質になり過ぎるのも精神面で良くないと思います。人によってお腹の丈夫さも違いますし環境も違います。それぞれ無理し過ぎない範囲で食中毒にならない様に少し考えてみると良いかもしれません。










関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。