スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茹で卵の会【殻までスッキリ】

茹でるだけの茹で卵にも知っているかどうかで大分違うコツがあるんです。なんで学校で教えてくれなかったの?と思ってしまいます。仕組みを知って簡単な事を実践すれば茹でている途中に中身が出てしまったり、殻がうまく剥けずにイラつく日々が無くなります。

■茹で卵の失敗要因は二酸化炭素。
卵の中身には二酸化炭素が含まれています。産みたてほど多く時間と共に殻から抜け出ていきます。この二酸化炭素が茹でる際に卵の中身を膨張させてしまうので、殻に中身が密着して剥きにくくなってしまったり、膨張しすぎて殻を壊して白身が出てしまったりするんです。つまり鮮度の良い卵をそのまま茹でると殻は剥きにくいですし割れてしまう可能性も高いんです。この理由で茹で卵工場では鮮度を落としてから加工するそうです。

■鮮度の良い卵でも成功するコツ
茹で卵の失敗は二酸化炭素の膨張が原因なので、二酸化炭素の抜け道を作ってあげましょう。卵のとがっていない方には薄皮と殻の間に少し隙間があるので、そこをめがけてヒビを作ります。トントントンっとヒビを入れても白身は出ません。(限度はあるので強打はしないで下さい。)ヒビができれば茹でている間にそこから二酸化酸素は殻の外に出ていきます。ヒビ加減は実践するのみです。ビビり過ぎると逃げ道の役割を果たせませんし、大胆すぎても漏れてしまいます。
卵

■実践
・まず鍋に2cm程度水を入れて沸騰させましょう。鍋に蓋があればこの程度の水分で十分です。沸騰を待つ間に卵を冷蔵庫から取り出し水に少し漬けてみましょう。そのまま熱湯に入れると温度差で殻が割れやすいので気持ちワンクッションです。そしてトントントンと殻にヒビを作ります。そして水が沸騰したら卵をそっと投入し蓋をして茹でます。

・卵の大きさなどで変わりますが茹で時間の目安としては、半熟なら沸騰4分茹で後に水の中に入れておく。固ゆでなら沸騰5分茹で後に火を止めそのまま5分蒸らして水の中に入れる位な感じです。

そしてついに殻むきです。固ゆでならトントン後に大胆に手の平でゴロゴロっと板に一周押しつける感じでも大丈夫です。(限度はあるので押しつぶす勢いはやめて下さい。)もうするっと剥がれます!鍛錬すれば3秒位でいけちゃうんじゃないか?位の速さで気持ち良いですよ。

雪平鍋に白い斑点が出来てしまったの会
カラザは栄養価が高かったの会
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。