スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪平鍋に白い斑点が出来てしまったの会

どこでも売っている雪平鍋(行平鍋)。

【日本製】 中尾アルミ アルミ製 打出雪平鍋 15cm (目盛付)(木柄:従来型)

価格:1,544円
(2013/4/7 19:41時点)
感想(0件)


先日茹で卵を作ったところ鍋に白い斑点が出来てしまいました。
カビなのか心配になったので、ちょっと勉強してみます。
写真_convert_20130407210238

■雪平鍋の基本
まず読み方。よく使っているのに私は間違えて読んでいました。正しくはゆきひらなべと読むそうです。材質はアルミで、打ちつけているのは強度を付ける為だそうです。またアルミは鉄の3倍といわれるほど熱伝導率がありますが、打ち出すことで熱伝導率が更に高くなる様です。しかしあまり安い商品は、打ち出しに似せたプレスをしているだけの模様で効果が無いそうです。

■アルミには苦手な成分があったようです。
水道水は、塩分やミネラル分と反応して白い斑点ができたり、ミネラル分と反応して黒くなったりします。
酸度、アルカリ度の高いもの、お酢やこんにゃく、ラーメンや醤油の塩分、卵の殻のカルシウムなども苦手。
重曹も変色、変質してしまうそうです。私の場合、水道水×卵の殻が良くなかったみたいですね。
でも水道水や醤油を料理に使わないのは無理ですよね。アルミが苦手な物を使った時は、なるべく早く洗って残ったお料理は別の容器に移せば特に問題ないそうです。

■白い斑点の原因と害の有無
白い粉状のものは、酸化によって析出した水酸化アルミニウムや水道水中の微量物質で、黒ずみは水道水に含まれる微量成分がアルミに付着したために起こったものです。人体には影響ありませんので安心してお使いください。ただし、見た目に好ましくないので鍋を磨きましょう。と東京ガスのHPにも書いてありました。
調べてみると白い斑点の正体の水酸化アルミは胃薬などにも使われているもので、本当に心配はいらない様です。人体に影響がないと分かり、とりあえず一安心です。

■対策
私が試したのは、鍋一杯の水に大さじ2の酢を入れて沸騰させて、火を止めて一時間程度そのままに置いてみました。結果白い斑点は目立たなくなりました。新品のようにとはいきませんが、気にならなくなりました。そもそも斑点の原因が腐食を起こしてできた水酸化アルミ。腐食した物を元通りにするのは難しいと思いますが気にならない程度にはなれます。
ちなみに、黒ずみ対策によく書いてあるのがレモンを輪切りにしてよくこすってみたり、リンゴの皮や芯を水にいれて15分ほど沸騰させてみる方法でした。

■どうしてもきれいにしたい
白い斑点や黒ずみは上記の方法で完全にはとれない場合もありますが、害は無いので大丈夫です。どうしてもきれいにしたい場合は、クレンザーやスチールタワシで落とす事ができます。と色々なサイトで記載されていました。
しかし傷が増えるので再び腐食を再び起こしやすくなるようなので、あまりおススメできません。

■再発防止
米のとぎ汁か野菜くずを入れて10~15分煮沸させて、表面に薄い皮膜を作る作業をするとよいそうです。定期的にすると鍋が長持ちすできるみたいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。