スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅きのこの会【はなまるマーケット】

はなまるマーケットのプロが教える作り置きおかず特集で、やってみたいと思った梅きのこのレシピをアップしたいと思います。

■材料
シメジ   1パック
シイタケ  4枚
エノキタケ 1袋
エリンギ  2本
梅干し  4個
しょうゆ  大1(15cc)
みりん  大1(15cc)
だし  1カップ(200cc)
(だしをほんだしで代用する場合の目安は、水200ccに対してほんだし小さじ1/2弱程度)
___________

①きのこ類を一口大に切る。

②梅干しは種を取り包丁で叩く

③鍋に材料と調味料全てを入れ中火にかける。
(水分が少なく見えてもOK、キノコの水分を出して、その水分で煮詰めるのがポイント)

④中火で7~8分煮詰め混ぜた時にとろっとしてきたら完成。
(なめこの瓶詰みたいにとろとろしてきます)

*冷ましてから冷蔵庫で保存してください。
置いておくことで、味が染み込み梅の酸味がキノコと一体化してまろやかになるそうです。

そのままでも美味しいですが、ご飯にのせても良し、豆腐の上にのせても良し。
そうめんと一緒に食べても、焼いた魚のソースにしても美味しいそうです。

キノコも毎日食べた方が良いと言われている食材なので、作ってみたいと思います。
梅が入ってるので冷蔵庫で保存がきくそうですよ。

写真_convert_20130417153334
≪作ってみた感想≫
鍋に材料分のキノコを入れてみると結構な量でしたが、火を入れていく内に見た目のかさは半分程度に。私は10分程度は火にかけていました。その日の夕食に焼いたささみ4枚と絡めて半分は食べました。もっと多くかけても良かったかなと思う位きのこを多く食べられます。味の方は出来立ては上品な薄味に感じましたが、一日置くと馴染んでしっかりしてきます。その日の夕食ではささみにかけたので、めんつゆ少々と梅を足して味を濃くして食べました。きのこと梅とささみは相性が良い感じで美味しかったです。梅をしっかり感じたい人は大目に入れても大丈夫だと思います。ささみにはしっかり梅を出した方が美味しかったです。あと梅を叩く際に大きめに残して置くと、梅をしっかり感じますし、梅の赤みで彩が良くなって良いと私は感じました(*^_^*)

単位の会②【カップ】
単位の会③【大さじ小さじ】

☆キノコソースなら醤油オイスターソース味もおいしいですよ!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。