スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラザは栄養価が高かったの会

卵の黄身には必ず白いひも状のものがくっついていますよね。
これをカラザと呼びます。
karaza.gif

このカラザは結構な嫌われ者ですね。
取り除いて食べている人も多いのではないでしょうか。
目になる部分だとか、へその緒だとか色々言われていますが、正しくは黄身を真ん中に固定するハンモックの様な役割をする物だそうです。

私も以前は取って調理をしていましたが、なんとその必要はなかったのです。

むしろカラザを取らずにそのまま食べた方が栄養学的に良いと言われているそうです。

カラザの主な成分はたんぱく質で、そこにシアル酸が含まれています。
このシアル酸はウイルスから細胞を守り免疫力を向上させる効果があります。
更にガンの転移を防ぐ作用などが近年の研究で注目を集めている優秀な成分だったのです。

カラザは悪いものじゃなかったんですね。

生で食べる時や茶碗蒸しなど料理によって舌触りが気になるようなら取り除いた方が良いとは言われていますが、気にならない方はそのまま食べた方が良いでしょう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

知らなかった☻ありがとう☻
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。