スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにゃくの会②【下ごしらえ】

こんにゃくを美味しく食べるには下ごしらえが必要です。
独特な臭みと余分な水分を抜き味を染み込みやすくさせる為ですね。

その方法をいくつか紹介したいと思います。

ステップ1
まずはお好みの大きさに切ります。

味を染み込みやすくさせるには
■スプーンなどで一口大にちぎる。
■細かい切れ目を入れる。
表と裏に格子状などに浅く切れ目を入れてから
好みの大きさに切る方法です。
konnnyaku.gif
この2つの方法はよく聞きますね。
どちらも味の染み込みを良くする方法です。

ステップ2
■一番メジャーなのが、茹でることです。
切った後のこんにゃくを沸騰した湯で
一分程度茹でると、臭みと余分な水分が抜けます。

長く茹でるほど臭みは減りますが、
カルシウムも減ってしまうそうです。
とはいっても、こんにゃくの栄養価値は無いに近いので
臭みが嫌いな方はもっと長めでも大丈夫でしょう。

■乾煎り(からいり)
切ったこんにゃくを強火で1~2分乾煎りします。
箸でつかんだ時、弾力が増した事を目安に完了。

水分が多く抜けるので、味の染み込みが良い。
食感も適度に弾力が出てプリプリになります。

■冷凍する。
冷凍後は自然解凍して、7ミリ程度の薄さに切って使用する。

冷凍することでスポンジ状になるので、お揚げの様に味が染み込みます。
通常こんにゃくの食感とは違った強い弾力の食感になります。

下ごしらえ次第で、食感が色々変えられるんですね。

こんにゃくの臭みが大っ嫌いな方は塩で揉む工程を加えても良いそうです。

こんにゃくの会①【こんにゃくを知ろう】
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。